全身脱毛後、ホルモンバランスが崩れる可能性

全身脱毛後、ホルモンバランスが崩れる可能性

全身脱毛後、ホルモン分泌量に異常が生じる・・・なんて噂も有名ですよね。確かにホルモン量の均衡はちょっとしたストレスでもすぐに乱れてしまう程不安定なものですが、医学的には脱毛によって分泌量が変わるようなことはありえません。

 

医療レーザー脱毛にしてもフラッシュ脱毛にしても、ホルモンの安定性を失わせるような悪影響を与える脱毛方法は今のところ存在していません。もしそのような脱毛方法があれば、どんなに脱毛威力が凄くても許可されないでしょう。

 

プロによる施術はもちろん、毛抜きやシェーバーを使ってご自身で全身脱毛にトライしても、ホルモンに悪影響が及ぶことはありません。脱毛エステや脱毛クリニックでは、ムダ毛を処理する為の特殊なマシンを使いますから、このような都市伝説的な噂が流れているようです。

 

ただし、一般的な脱毛方法は成長途中の子供の施術には不向きです。最近は小学生のムダ毛にも対処できる特別な脱毛法が登場していますが、特に永久脱毛は成長期が終わりホルモンバランスが安定するまでトライするべきではありません。

 

永久脱毛効果のある医療レーザー脱毛などを10代で行ってしまうと、ホルモン腺に余計な刺激を与えてしまい、皮脂の量が急増してニキビトラブルを招きやすくなることも。

 

また、せっかく脱毛処理を行っても妊娠中のようにホルモンの影響で再び生えてきてしまったり、せっかく通った苦労が無駄になることもあるのでご注意下さい。


関連ページ

「全身脱毛=永久脱毛」とは限らない
音は似ているけど全然違う!全身脱毛と永久脱毛の違いについてわかりやすく解説しています。
全身脱毛後、汗っかきになる噂の真実
全身脱毛をした後は、身体は変化する?全身脱毛後に汗っかきになってしまうというウワサは本当なのか、その真相に迫ります。
生理中は全身脱毛できない??
よりによってこの日に全身脱毛予約日…生理中は全身脱毛ができるのかを解説しています。
妊娠、授乳中の全身脱毛
妊娠したら脱毛はできない?妊娠、授乳中の全身脱毛についてわかりやすく解説しています。
「全身脱毛=全身脱毛」ではない?!
全身脱毛は本当に全身を施術出来るの?全身脱毛の「全身」の意味についてわかりやすく解説しています。

▲TOP