妊娠、授乳中の全身脱毛

妊娠、授乳中の全身脱毛

妊娠、授乳中の全身脱毛はNGです。「リスクは承知しているのでお願いします」と申し込んでも、脱毛エステ、脱毛クリニック側で断られてしまいます。フラッシュ脱毛にしても医療レーザー脱毛にしても、倫理的な問題で妊婦さん、授乳婦さんを対象に全身脱毛が及ぼす悪影響について実際に臨床試験を行うことはできません。

 

従って悪影響が及ぼす、と言うデータはありませんが、万が一に備え少しでも危険性がある行為は避けた方が無難です。家庭用脱毛器を使って自分で全身脱毛に挑戦しよう、と予定している方もいらっしゃるかも知れませんが、家庭用脱毛器だからリスクが低くなるわけではありません。

 

出産に備え、妊娠中にムダ毛を処理しようと予定している女性は大勢いらっしゃいますが、電気シェーバーやカミソリなどの脱毛方法でケアして下さい。

 

ちなみに、妊娠、授乳中はホルモンの分泌量、バランスが普段とは異なります。痛みも通常よりも強く感じやすく、フラッシュ脱毛などでお手入れしている方でも、この時期突然毛深くなってしまう可能性は十分にあります。

 

つまり、妊娠していることを隠し強引に全身脱毛を行っても、せっかくの施術が焼け石に水状態で効果が半減してしまう恐れがあります。全身脱毛は出産を終え、授乳シーズンを乗り切ってから行いましょう。

 

また、契約後結婚、出産の予定がある方は施術できない時期に無料で延長できるサービスがあるかどうかも、確認しておいて下さい。いかなる理由でも延長が認められないシステムの場合、せっかくのおめでたい妊娠で全身脱毛チケットが無駄になってしまうかも知れません。


関連ページ

「全身脱毛=永久脱毛」とは限らない
音は似ているけど全然違う!全身脱毛と永久脱毛の違いについてわかりやすく解説しています。
全身脱毛後、汗っかきになる噂の真実
全身脱毛をした後は、身体は変化する?全身脱毛後に汗っかきになってしまうというウワサは本当なのか、その真相に迫ります。
生理中は全身脱毛できない??
よりによってこの日に全身脱毛予約日…生理中は全身脱毛ができるのかを解説しています。
全身脱毛後、ホルモンバランスが崩れる可能性
全身脱毛後に気になる身体への影響は?施術後ホルモンバランスが崩れてしまう可能性について解説しています。
「全身脱毛=全身脱毛」ではない?!
全身脱毛は本当に全身を施術出来るの?全身脱毛の「全身」の意味についてわかりやすく解説しています。

▲TOP