二日酔いで全身脱毛できるか

二日酔いで全身脱毛できるか

全身脱毛当日、二日酔いでも気分の悪さを自分で我慢していれば大丈夫・・・と安易に考え、前日に深酒してしまう方もたまにいらっしゃいますが、万が一に備えキャンセルした方が良いかも知れません。

 

全身脱毛当日の注意事項の1つとして、アルコールを飲んでいる状態では施術できないルールを設けている脱毛サロン、脱毛クリニックが大半です。全身脱毛の場合、2日間に分けて施術することもありますが、いずれにしても施術時間はパーツ脱毛よりも長くなります。
施術を開始してから急に気分が悪くなって予約をキャンセルする事態に陥ってしまうことも考えられますし、当然当日時間を過ぎてからのキャンセルなので1回分のチケットが消費されてしまう確率が高いでしょう。

 

通い放題の全身脱毛コースではない場合、貴重な1回分を無駄にすることになりますから、体調が悪ければ最初からキャンセルした方が傷は浅くて済みます。

 

また、二日酔い状態と言うことは、当日お酒を飲んでいるわけではなくてもまだ体内にアルコールが残っている状態です。いわゆる酒気帯び状態でフラッシュ脱毛や医療レーザー脱毛を行うと、体温が上昇しやすくなり皮膚に赤みが残ってしまう恐れがあります。

 

第一、全身脱毛と言うことは顔の脱毛も含む筈ですが、お酒臭い息ではエステティシャン、担当スタッフに失礼ですよね。本人はあまり分からないかも知れませんが、お酒を飲んだ後の口臭は本当に不快なものですし、体臭にも滲み出るものですから「飲んでいない」と嘘をついてもすぐに分かってしまいます。


関連ページ

全身脱毛前のシェービング
全身脱毛の前にムダ毛処理はどうする?気になる全身脱毛前のシュービングについて解説しています。
フルメイクで全身脱毛に行ってもOK??
前進脱毛をするとき、フルメイクでも大丈夫なのかについて解説しています。
施術当日全身脱毛を断られるケース
え?全身脱毛が出来ない!?施術当日全身脱毛を断られてしまうケースについてわかりやすく解説しています。
全身脱毛施術当日のお風呂
脱毛してお風呂って入れるの?全身脱毛施術当日のお風呂についてわかりやすく解説しています。
全身脱毛後の予防摂取
全身脱毛をしたらその後のケアは要注意!全身脱毛後の予防摂取は可能なのかについて解説しています。

▲TOP