全身脱毛後の予防摂取

全身脱毛後の予防摂取

全身脱毛施術当日の注意事項は聞き流してはいけません。日焼けやヘルペスなどの体調不良など、全身脱毛施術を行う当日に「このような条件だと施術することはできません」と言う注意事項がいくつかあります。

 

全身脱毛を脱毛エステティックサロンで行うのか、脱毛クリニックで行うのか、脱毛方法によって具体的なNG条件は異なりますが、どこでも大体共通しているのがインフルエンザなどの予防接種です。

 

インフルエンザなどの予防接種を予定している場合、注射を打つ前後1週間から10日以内は全身脱毛の予約は入れないで下さい。脱毛部位に関わらず、予防接種の前後10日以内にフラッシュ脱毛、もしくは医療レーザー脱毛を行うと、腫れや発熱などの異常が生じる恐れがあります。

 

特に全身脱毛はパーツ脱毛よりも施術範囲が広く、施術部位は全身に及ぶ為、万が一の事態に備え、少しでも危険とされる行為は控えるべきです。

 

予防接種によってウイルスを体内に注射し、抗体を生成する期間、普段より体調が崩れやすくなります。身体がだるくなったり、微熱が続いたり、いつもより体調管理に気をつけなければならない大事な時期です。

 

体調が落ち着くまで、皮膚のバリア機能も通常よりダウンしてしまいますから、全身脱毛のような刺激を与えることで肌の痒み、腫れ、赤みなどが強く出る恐れがあります。また、そういった症状が予防接種の副作用なのかどうかも判断しにくくなりますし、予防接種の前後はいつもと違うことはできるだけ避け安静に過ごすべきです。


関連ページ

全身脱毛前のシェービング
全身脱毛の前にムダ毛処理はどうする?気になる全身脱毛前のシュービングについて解説しています。
フルメイクで全身脱毛に行ってもOK??
前進脱毛をするとき、フルメイクでも大丈夫なのかについて解説しています。
施術当日全身脱毛を断られるケース
え?全身脱毛が出来ない!?施術当日全身脱毛を断られてしまうケースについてわかりやすく解説しています。
二日酔いで全身脱毛できるか
大変!けっこう酒臭いかも?二日酔いで全身脱毛が出来るのか、わかりやすく解説しています。
全身脱毛施術当日のお風呂
脱毛してお風呂って入れるの?全身脱毛施術当日のお風呂についてわかりやすく解説しています。

▲TOP