日焼けサロンでも日焼けはNG??

日焼けサロンでも日焼けはNG??

全身脱毛を行うなら、日焼けサロンも含め日焼けはNGです。直接ギラギラした太陽にあたり肌が真っ赤になっているような状態では、いくらお金を払って契約していても施術を断られてしまいます。

 

肌のほてり、赤み、痛みが落ち着くまで施術することはできません。健康的な日焼けも、医学的な観念からは軽度のやけどと捉えられます。まして炎症を伴うやけど状態の皮膚にフラッシュにしてもレーザーにしても、特殊光線を照射することは腫れや色素沈着の原因になります。

 

もししょっちゅう日焼けしている方ならニードル脱毛で全身脱毛するしかありません。ニードル脱毛なら、毛や皮膚の状態に関わらず、毛根をダイレクトに処理することで体毛の再生を食い止めます。

 

光脱毛にしても医療レーザー脱毛にしても、マシンから照射される光線は色素に反応しますから、ヒリヒリ感がなく多少焼けているぐらいなら「問題なし」と判断されることもあります。

 

けれど明らかに黒い肌の場合、脱毛効果も乏しくなりますし皮膚へのダメージを考慮し、予約を入れていても次回に見送られる可能性が高いでしょう。日焼けサロンは直射日光で肌を焼くよりは負担が軽減されますが、皮膚が黒くなっていれば脱毛サロン、脱毛クリニックにとってリスク肌として認定されてしまいます。

 

予約当日までまだ日数はあるけれど日焼けしてしまった場合は、大至急保湿対策に励み、ターンオーバーを促進し皮膚を落ち着かせましょう。日焼けサロンや日光浴のように意識した日焼けではなくても、通学焼け、通勤焼けにも注意が必要です。


関連ページ

永久脱毛なら全身の毛が一生一本も生えてこない?
全身脱毛は永久に毛が生えないの?全身脱毛の効果が及ぶ期間んについてわかりやすく解説しています。
全身脱毛が肌と体内に悪影響を及ぼす可能性はありますか
全身脱毛は肌や身体への影響ってあるの?全身脱毛が肌と体内に悪影響を及ぼす可能性について解説しています。
ガウン、シーツは着まわしですか
全身脱毛の施術時の気になることはこれ!ガウン、シーツは着まわしなのかを解説しています。
サロンによって全身脱毛価格が違うのはなぜですか
サロンによって価格が違いすぎる?サロンによって全身脱毛の価格が違う理由について解説しています。
全身脱毛の解約にはお金がかかる?!
キャンセルは気軽にできるの?全身脱毛の解約にかかるお金についてわかりやすく解説しています。

▲TOP